112
112

リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)
不動産・賃貸のアットホーム

不動産売却の流れ

 不動産売却をしようと思ってはみたはいいものの、実際に何から始めたらいいのか?どういった流れで不動産売却・引渡しになるのか?などの疑問を持っている方も多いと思います。 不動産売却にかかる諸費用や税金や必要書類、また買い替えの場合にはローンの残債額などもきちんと把握し資金計画をしっかりと確認する必要があります。 そのためには、まず不動産売却の流れを確認しましょう。
1.売却のご相談
不動産売却を思いついたら、お気軽にご相談下さい。
お売りになる目的、時期など明確でなくてもご相談できます。 取り敢えずおおよその価格が知りたい場合は、簡易査定という方法もあります。
2.物件調査・査定
実際に売却を希望される不動産の現場へ足を運び周辺環境や室内をチェックします。 なるべく具体的な情報が記載された資料(購入時の資料、権利証書、建築確認書)の用意をお願いします。
権利関係や法令上の問題(特に調整区域の場合は建築可能かどうか)も調査します。 もちろん査定、調査は無料でおこなっています。 併せて、税金相談等も承ります。
物件調査・査定
3.媒介契約
媒介契約とは、所有する不動産の売却を不動産会社に依頼するときに結ぶ契約です。 査定を参考にしながら、売主様と相談して売り出し価格(媒介価格)を決めます。
媒介契約には
1.専属専任媒介
2.専任媒介
3.一般媒介
の3種類があります。
この媒介契約の締結をもって、正式な依頼となりますから販売活動を開始します。
4.販売活動
1.当社の購入希望者に紹介
2.インターネットの検索サイトに掲載
3.新聞折り込みチラシ
4.近隣住戸にチラシを投函
5.オープンハウスの開催、看板の設置
6.社内の広報以外に不動産流通機構を通しての他社への 情報提供
詳しくは不動産売却ページをご覧下さい。
物件調査・査定
5.購入希望者より購入申込(条件調整)
購入希望者から購入価格、引き渡し状況等の提示があります。売主様は提示された条件を確認し不動産会社と相談して、不動産会社が購入希望者と条件を調整していきます。
6.売買契約の締結・手付金受領
条件面の合意に至りましたら、買主様と不動産売買契約を交わします。 売買契約等の書類は当社が用意します。
売買契約と同時に買主様より手付金を受領します。 売買契約を交わした後、売主様は物件を引き渡すための準備が必要です。  売買契約を交わした後、売主様は物件を引き渡すための準備が必要です。
●境界の明示(土地の場合、隣地・道路との境界線を明示する義務があります。)
●抵当権の抹消手続き(物件が銀行等の抵当に入っている場合、事前に銀行等に連絡し て抹消手続きの準備をします。)
●引越し(物件にお住まいの場合、引き渡しまでに引越しを済ませます。)
7.残代金受領・手付金受領
●残代金の受領:一般的には銀行でおこない、売主様の指定する銀行口座に振込するケースが多いです。
●物件の引渡:鍵、取扱い説明書等を買主様に引き渡します。
●買主様に所有権移転登記申請:司法書士が立会して、登記申請の代行を委任します。
●固定資産税等の清算金:固定資産税等を日割り計算により買主様と清算します。
●諸費用の支払い:媒介報酬料(仲介手数料)、登記関係の費用を支払います。
●抵当権抹消登記申請:残代金の受領を持ってローン完済する場合は、同時に抹消登記申請手続きをおこないます。
残代金受領・物件の引き渡し
お問い合わせ